<object id="5kpzv"><rp id="5kpzv"></rp></object>

    <delect id="5kpzv"></delect>
    <optgroup id="5kpzv"></optgroup>

    <object id="5kpzv"><option id="5kpzv"><big id="5kpzv"></big></option></object> <delect id="5kpzv"><rp id="5kpzv"></rp></delect>

    <delect id="5kpzv"></delect>

    <object id="5kpzv"></object>
    TOP > サステナビリティ > 環境報告 > 環境スローガン
    All for One Earth
    ジェイテクトは世界トップクラスの技術とモノづくりへの情熱を1つにし、
    ナンバーワン商品、オンリーワン技術を供給し、社會に貢獻し続ける企業です。
    JTEKT GROUP VISION「No.1&Only One ?より良い未來に向かって?」は、
    全世界の従業員が共有しています。
    これからの未來のために、「環境」にも取り組む姿勢が必要と考えます。
    「All for One Earth」は、かけがえのない地球のために
    ジェイテクトがグループ一丸となって取り組むためのスローガンです。

    All for One Earthに込めた想い

    「JTEKT GROUP VISION」に掲げる「No.1 & OnIy One」と同じ<、“One”にい<つかの意味を込めています。
    まず「All for One」という想い。JTEKT GROUP一丸となって環境活動に取り組んでいきます。
    そしてふたつめは、「For One earth」という想い。
    私たちの手掛ける製品は、自動車関連をはじめ広い分野で利用頂いている分?地球環境を左右する大きな力を持っています。
    この力で、One earth(かけがえのない地球)に貢獻していきたいと考えます。
    最後に、環境活動においても1No.l & Only One」でありたいという想い。
    これら3つの想いを込めたメッセージを軸に、JTEKTは環境活動に取り組んでいきます。

    ジェイテクト 環境への取り組み

    基本的な考え方

    日本が抱える課題は「環境」「経済」「社會」において連関し、複雑化しています。國際的にも、2015年9月にSDGs(Sustainable Development Goals)、12月にパリ協定が採択され、持続可能な社會に向けた潮流があります。
    このような背景を受け、各企業にも持続可能な社會を目指し、「環境」「経済」「社會」の統合的向上が求められています。

    ジェイテクトグループでは、企業活動が環境に與える影響を把握し、「環境」を経営の重要課題の1つとして位置づけており、企業理念のもと、「価値創造モデル」を掲げ、持続可能な社會の実現に向けて、継続的な活動を推進していきます。

    SDGs:
    2015年9月採択。193の國連加盟國がニューヨークに集い合意した、より豊かで包摂的かつ持続可能で強靱な世界を実現するための新しい持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)で、2030年の達成を目指すものである。

    ?外務省HP: http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html

    パリ協定:2015年12月採択。2℃目標達成のため21世紀後半には溫室効果ガス排泄の実質ゼロを目指す。

    ?外務省HP:パリ協定について
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page1w_000119.html

    體系図

    體系図

    環境チャレンジ 2050

    2016年5月策定?公表
    區 分
    指 針
    1. 製品?技術
    ●製品?技術開発力を生かし環境社會へ貢獻
    ?燃料電池自動車向け部品など、環境負荷低減に貢獻が期待できる製品開発を積極的に推進
    2. 低炭素社會の構築
    ●材料、部品調達から設計、製造、さらには廃棄までの製品のライフサイクルで排出されるCO2を極小化 ●製品を生産するときに工場で排出されるCO2を2050年までに極小化 ?革新工程?設備の開発?導入拡大
    ?工場での日常改善、設備の高効率化
    ?再生可能エネルギー、水素エネルギーなどへのエネルギー置換
    3. 循環型社會の構築
    ●生産段階での排出物の極小化と再資源化の拡大 ?発生源対策(歩留り向上など)?分別の強化などによる廃材価値向上(有価物化)
    ?リサイクル材の活用、社內リサイクルの拡大
    ●工場で使用する水の循環利用など、水使用量を極小化。工場から排出される水はよりきれいな狀態で排水
    4. 自然共生?生物多様性
    ●オールジェイテクトでの活動はもちろん、トヨタグループ、行政?NPOと連攜し、自然共生、生態系保護の活動を促進
    5. 環境マネジメント
    ●地球環境保全を積極的に進められる企業風土と人づくり?従業員の環境意識向上と社內外へ貢獻できる人材の養成
    ?グローバルで環境活動の拡大

    2020年 環境行動計畫

    環境チャレンジ2050達成に向けて、取り組み方針および具體的な目標を定めた
    「2020年環境行動計畫」を策定し、ジェイテクトグループ全體で共有しています。
    2020国自产拍精品网站不卡,噜噜色综合噜噜色噜噜色,成熟妇女性成熟妇女性色